敬天塾オリジナル_漢文句形テスト(覚え方のコツなどの解説付き)

漢文対策のファーストステップである句形は、確認テストで習得度合いをチェックしないと、覚えている「つもり」になりがちです。

「句法の本〔プリント〕を何度も見ているから大丈夫」と言ってしまうような、インプットで安心しちゃっている方は特に、アウトプットの機会を作りましょう!

市販の『ステップアップノート』『ジャンプアップノート』などの書き込み式ドリルもオススメですが、「句形〔句法〕別」の章立てになっていて、「詠嘆のページ」「使役のページ」などを認識したまま解くことになります。
それでは、本番で句形を見抜いて訳すのに比べて、簡単すぎます。

以下では、敬天塾オリジナル_漢文句形テストが①~④まであります。
各10問です。
まずは①②の20問を解いて、自分の課題を見つけてください。

そして知識があやふやだった句形をしっかり復習した後に、
③④を解いてください。
※③④は①②の類題になっています。

その他、「書き込み式ドリルの活用方法」と「東大漢文の句形について」のミニコラムも載せております。(解答を見てしまわないように、敢えて問題と解答に間に入れています)

なお、敬天塾の塾生が解いたところ、最高得点は以下の通りでした。
①95点 ②100点 ③95点 ④95点。
難しめの問いも含まれていますが、
80点以上を目標にして、取り組んでいただければと思います。

漢文句形テスト①問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)