2006年 東大数学 文系第2問 理系第2問(樹形図、途中でイレギュラーが起こる)

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

第1弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(上)

第2弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

第3弾:1カ月でセンター試験の英語の得点が50点上がる方法

 

2006年確率の問題の解説

昨日は樹形図が大切だという問題を紹介しましたが、今日も樹形図を駆使する問題です。

 

文系の問題

 

 

理系は

 

今回の設定は文理ともに同じ。

設問は、文系にヒントとなる(2)が挿入されていて、理系にはないというだけの、ほとんどまるごと共通問題みたいな問題です。

文系の問題を見てみると、

————–

(1)P2を求めよ。

(2)P3を求めよ。

————–

となってますが、よく考えたら、

————–

(1)P2とP3を求めよ

————–

と一つの設問にまとまってるのが普通ですよね。設問が2つに分かれてるのは、理系の問題に挿入したからなのでしょうか?

 

そんなことはどうでもよいので、解説に入りましょう。

 

樹形図で情報を整理

何度も書きますが、東大の確率の問題の最大のポイントは、知らない設定に対して、情報を整理してシンプルに捉えることです。これが出来たら高得点に結びつきます。

 

そして、情報の整理のために有効な手段が二つ。遷移図と樹形図です。

遷移図に関しては、2012年、2008年、2004年の3問が勉強するのにちょうどよいでしょう。過去に記事にしています。

樹形図に関しては、前回の1999年に引き続き、この問題。

 

(1)でP2を求めるのですが、樹形図を描くとこうなります。

3本の枝が最後に残り、3通りの確率の和を取れば答えです。

 

そして文系(2)では、こんな樹形図。

今度は4本の枝が登場するので、4つの和を取ります。

 

しかし、ここでポイントになるのは、上から2本目と3本目の確率が同じになるという点。(上の図で②とまとめています。)

これに気付くかどうかが、この問題の最大のポイントでした。

 

①は×が最初の1回だけ。

③は×が最初に2連続で出る。

 

これに対して、②は途中に×が出るというタイプです。

これを僕は「途中にイレギュラーが1回出る」パターンと呼んでいるのですが、ちょっと難易度が上がりますね。

 

nに一般化する

では、文系(3)理系(2)の問題。Pnを求める問題に行きましょう。

 

先程のP3の樹形図を参考に3パターンに分けます。

先程と番号の付け方は同じです。

そして、ポイントは②番。途中のとこかに×が一回出るパターンです。

 

ここでもヒントになるのは、文系(2)の問題。

P3を求める途中で②番の樹形図が2本出てきましたが、確率が全く同じだったことがヒントです。

 

この図が、文系(3)のP3の計算です。

上から2つめと3つめの確率が同じになっているのがわかります。

nに一般化しても同じで、結局×が入る場所が何通りあるか確かめればよいのです。

 

ということで、手書きの解答どうぞ。

 

 

まとめ

昨日は樹形図を書くのが難しい問題で、今日は樹形図から一般化するのがポイントの問題です。

いずれにしろ、樹形図を描いて情報を整理するのが非常に有効なのです。

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾 東大合格専門塾「敬天塾」

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!
生徒募集ページはこちら

コメントを残す