2019年の東大数学【理系】を全て解いたので、簡単なコメント

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

 1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

       

2019年 東大数学【理系】の簡単な分析

文系に引き続き、理系の問題にコメントしていきましょう。

文系のコメント記事はこちらです。文系のコメント記事はこちらです。文系のコメント記事はこちらです。

確率が復活せず!!

とにかく、これが一番の話題でしょう。

確率が2年連続で出題されませんでした。しかも文系では出題されたのに。

これまで毎年必ず出てたのに、なぜ!?

 

基本的な計算問題が再登場

確率の代わりに、第1問に定着したのが、基本的な問題。

去年の第1問も衝撃的でしたが、今年の第1問もとても話題になりそう。

 

10~20年のスパンでも、計算力を問う問題が散見されていましたが、今年も顕著にみられました。

整数、空間、複素数平面など頻出分野が登場

そして、頻出分野はやはり出題。

整数、空間図形、複素数平面が出題されました。

やはり、東大理系を対策するには、必ず押さえなければならない分野。受験生の皆さんは、ちゃんと対策しましたか?

 

2019年東大数学 理系第1問

では、1問ずつコメントを。

去年の問題ほどではないですが、基本問題。数字や難易度を下げれば、教科書の例題と同じパターンに分類されてしまいます。

 

しかし、難易度はかなり高いでしょう。計算が面倒ですし、20点満点取るためにはそれなりの時間が必要。

現時点では、簡単だったという評価が多い気がしますが、僕はそれほど簡単だと思いません。

 

むしろ、第1問にこの問題が登場したのは、ある意味ワナでしょう。

入試では、1問目に計算が面倒な問題が登場した場合が、一番失敗しやすいのです。

 

計算に没頭して、予想以上の時間が取られてしまう、ということが起こりうる。

これを回避するには、日ごろから「計算が面倒な問題はワナ」「飛ばせば飛ばすほど、点数が最大化される」という基本動作を身に着けておくことです。

 

といっても、そういう戦略的な指導って、まだまだ珍しいみたいですが、残念。

 

2019年東大数学 理系第2問

文系と共通問題(一部)です。

文系では、PQRの座標が設定されていて、(1)で変数の扱いのヒントがありました。

 

しかし、座標の設定は、手足を動かすようにできなければなりません。

対策の仕方は簡単。

直角に関係する図形(正方形、長方形、直角三角形)が登場したら、座標を設定せよ

と覚えておけばよいのです。

 

変数の消去の仕方も、「全て立式してから考える」というのを徹底すれば、自然と決まります。

 

基礎をしっかり解いている良問だと思いますね。

 

2019年東大数学 理系第3問

 

体積の問題。

点がたくさん登場して、平面の切断に関してもイメージしづらく、(出題者の意図は違って)変なところで難易度が上がってしまった問題のような気がします。

 

八面体に関しては、過去にも出題されているので、解いた受験生も多いと思いますが、実は対策が難しい分野でもあります。

 

なぜなら、現在の受験数学は、図形的な考察よりも数的処理の考察を重視するからです。

この問題は、それほど図形的な考察が多い問題ではありませんが、立体図形は抽象度が高くなり、点数は低かったのではないでしょうか。

 

2019年 東大数学 理系第4問

文系と共通問題っぽいけど、理系だけの出題。

東大では最近頻出のユークリッドの互除法を使うと、(1)は瞬殺です。

 

(2)は多少、論述力が必要なので、やや難易度が高いですが、東大入試としては標準レベルでしょうか。

来年の入試でも、最大公約数は絶対に対策が必要でしょう。

 

2019年 東大数学 理系第5問

 

頻出の「微積分」の分野に、一応入る問題。しかしメインは極限です。

第2問も後半で微積分を使いますが、数Ⅲではないですし。あ、第1問も「積分計算」ではありますね。

 

今回は、具体的にわからない解を文字でおいて、極限を取るという典型問題です。(1)では、(左辺)-(右辺)をして、微分をするといういつもの流れでよいと思いますが、その正負や大小がやや面倒なきがします。

一方、(1)が解けたら、(2)は簡単。

(3)は、予測は簡単ですが、慣れていないと時間がかかるでしょう。

 

2019年東大数学 理系第6問

最後に複素数平面の問題。

条件1は良いとして、条件2も解となる方程式ですから、問題なし。

しかし条件3が変な条件です。

 

αβ+γδという見慣れない式と、虚部が存在するという条件をどう使うか、ぱっと見でよくわかりません。

 

結局、僕はさんざん色々試して、それぞれの複素数を直交系に直したら筆が進みましたが、初手が思い付かなくて挫折した受験生が多そうです、非常に。

 

まとめ

問題のラインナップとしては、すごく難しい問題がないのに対し、去年の第1問みたいなものすごく簡単な問題もありませんでした。

計算量も多く、発想力も必要という、盛りだくさんの内容でした。ごちそうさま。

 

 

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

 1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

       

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)