東大合格のために2月にすべき勉強内容は?その②

+1
受験直前期アイキャッチ

短期間で成績を急上昇させようと思ったら「暗記」

前回の記事に続き、その②です。

まず、どんな試験でも共通してる鉄則。
「短期間で成績を上げようと思ったら、暗記を大量にせよ」
これはぜひ覚えておくと良いでしょう。

スマホで、アプリをダウンロードする機能と、アプリを起動して動かす機能が別にあるのと同じで、
脳にも、暗記する能力と、頭を使う(回転する)能力があります。

英単語の暗記、歴史の年号の暗記などは、データの保存と同じ。
文章を読む、計算をする、などはアプリを起動させるのと同じと考えてください。

この2つのうち、後者の頭を回転させて使う能力は鍛えるのに時間がかかります。1週間で劇的に計算力が上がるとか、読解スピードが上がるというのは、(あるにはありますが)中々ありません。

暗記は、短期間で信じられないほどできる

一方で、一週間で英単語を1000個、2000個覚えるというのは、気合次第でできます。
私の知っている中で、英単語を「1日1周ずつ」勉強していたという人もいるので、1週間で2000個は出来るレベルです。
世界史の膨大な暗記だって2週間で終わらせた人も知っています。暗記というのは、本気を出せばそのくらいの短期間で出来る作業です。
(その代わり、ものすごく大変ではありますが。)

毎日が定期テスト前日のようなテンションで過ごすと、力が出せるでしょう。

東大に合格する人と、合格しない人では、知識量が違う

さて、本題。
東大に合格する人としない人で明らかに違うのは知識量です。ベタな話ですが、知識量は学力と非常に相関します。

これは文系に限った話ではありません。理系でも知識量がモノを言います。暗記があまりいらない数学においても、成績が良い人の方が知識が豊富で何でも知っています。

暗記は誰でもできます。得意不得意はありますが、記憶が出来ない人はいないでしょう。
比べて、読解力や計算力、発想力などの方が、相対的にいわゆる「才能」が必要だと言われます。良いか悪いかは別として、努力が少なくても読解できる人や、数学の解き方が思い付いてしまう人がいます。

才能のいらないところで負けていては、絶対に強い相手に勝てません。
まずは知識で圧倒することから始める
のです。

では、次からどのような暗記が必要か、具体的に説明していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)