国語11月①2012年第4問

こんにちは、スタッフAです。
今回は、2012年第4問を扱いました。ここ20年の東大入試の中でも特に難しい問題だったようです。
設問(二)は、傍線部を何度も読み返しても理解ができず、2019年のM-1のかまいたちさんのセリフと重なりました。

かまいたち山内さん「おれがもし、謝ってこられてきてたとしたら、絶対に認められてたと思うか?」

わけがわかりません(笑)
今回も、事前に答案を作成して提出し、共有して、互いに意見を出し合いました。以下、授業中に出た意見をまとめています。

全体について
文中の言葉を寄せ集めて答案を作ることが難しい問題。
全体を通して抽象的だが、本文中のどの部分を選んでまとめるかは明確で、点差がつきづらいのではないか。
「どういうことか」という設問は頻繁に出題されるが、「なぜか」は珍しい。さらに、(三)のように「説明せよ」は非常に珍しい。
出題者、筆者、受験生、誰が一番偉いか?ぶっちぎりで出題者。
国語の2行問題の文字数の目安は、90字程度。林先生は70字を推奨している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)