地理6月②、2010年第2問、2011年第2問

こんにちは、スタッフAです。
今回は、東大文系地理2010年第2問、2011年第2問を扱いました。
2010年は、アジアにおける地域間の交流と社会経済の変動に関する設問です。
添付された表には、日本への旅行者(観光・商用)の実数が記載されていました。
表を見ると、韓国2,219千人、台湾1,354千人、中国636千人で、中国より台湾からの入国者が多いことがわかります。台湾は親日国であるため旅行者が多いようです。
では、なぜ親日国なのか。
考えられる理由としては、日清戦争後、台湾を統治した日本は、多額の投資をし、鉄道や港などのインフラを整備したこと。さらに、ダムを作ったことで農業用水の不足が解消し、台湾の農業の発達に寄与したこと。日本語教育を行っていたため、台湾の高齢者の中に日本語の話者がいることなどが挙げられます。
現在、日本と台湾は国交が回復していませんが、飛行機の直行便があり、容易に往来することができます。

参考 日本の登録外国人数(国際観光白書)
1位 中国 65万人
2位 韓国・朝鮮58万人
3位 ブラジル31万人
4位 フィリピン21万人
︙   
インド2.2万人(なお、インド人の訪問先は三大都市圏や工業地帯が中心である)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)