2011年 世界史 第1問(大論述)答案

+1

世界史の大論述の答案はブレる

こちらの記事でも書きましたが、世界史の大論述は字数が多く、塾や予備校、学校の先生の答案例が東大入試で高得点ではない可能性が高いため、対策が難しいです。

敬天塾では、様々な路線から高得点答案の研究をしていますが、良質なものが出来た場合には、知恵の館でも発表しています。

2011年 東大世界史 第1問

歴史上、異なる文化間の接触や交流は、ときに軋轢を伴うこともあったが、文化や生活様式の多様化や変容に大きく貢献してきた。たとえば、7世紀以降にアラブ・イスラーム文化圏が拡大するなかでも、新たな支配領域や周辺の他地域から異なる文化が受け入れられ、発展していった。そして、そこで育まれたものは、さらに他地域へ影響を及ぼしていった。
13世紀までにアラブ・イスラーム文化圏をめぐって生じたそれらの動きを、解客欄(イ)に17行以内で論じなさい。その際に、次の8つの語句を必ず一度は用い、その語句に下線を付しなさい。

インド アッバース朝 イブン= シーナー アリストテレス
医学 代数学 トレド シチリア島

簡単な講評

1995年の第1問大論述のうち、文化交流の面だけにフォーカスしたような問題。
ヨーロッパが中世になって没落していた間、イスラーム(中東)では相変わらず世界の中心地として、ちゃんと発展していて、ヨーロッパは古代の優れた文明を逆輸入する。これを端的に書くのが一つの方針。
インドを想起させる指定語句もあるため、インド→イスラム→ヨーロッパの流れも書きたいところです。
東大ではイスラム地域を非常に重視しているので、対策は必須。また、インドも超重要地域。必ず集中的に勉強した方がよいですね。
さらに、指定語句に登場しない地域(中国、アフリカなど)にも目を向けて答案が書けると、なおよいでしょう。

なお、設問文(歴史上~付しなさい)の完成度は低く、何を問われているかが読み取りづらい(読み取れない)ため、受験対策として優先度はそれほど高くないでしょう。指定語句がなかったら、かなり答案の方針がブレる問題だと思われます。

T予備校の答案

7世紀にイスラーム勢力はビザンツ帝国からエジプト、シリア などを奪い、 ビザンツ帝国で継承されてきた古代ギリシアの学術がイスラーム世界に流入する端緒となった。また、東方へのイスラーム勢力の拡大はインドに達し、インドからはゼロの概念や数字・計算法などが採り入れられた。アッバース朝では9 世紀に知恵の館を設立し、古代ギリシア語文献を組織的にアラビア語に翻訳して研究した。このような外来文化の受容により、イスラーム世界では多様な学術が発達した。哲学ではアリストテレスの優れた注釈を行ったイブン=ルシュド、ギリシア医学などを摂取し、『医学典範』を著したイプン=シーナー、代数学を発達させたフワーリズミーなどが輩出した。他方、このようなイスラーム世界の学術はイベリア半島のトレドやシチリア島のパレルモなどで、アラビア語文献のラテン語への翻訳活動を通じて西欧世界に受容され、西欧世界の12世紀ルネサン スを触発した。イスラーム世界でのアリストテレス研究はスコラ哲学の形成に大きな影響を与え。13 世紀に出たトマス=アクィナスはそれを援用してスコラ哲学を大成し、ロジャー=ベ ーコンはイスラーム世界の学術の影響も受けて、近代自然科学への道を開いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)