数学9月③三角比

0

こんにちは、スタッフです。
今回扱う三角比はとても浅い単元で、正弦定理、余弦定理、面積=1/2a・b・sinθ、面積=(a+b+c)・r/2、ヘロンの公式が使えれば良いそうです。

垂心は特徴がありません。この問題では、垂直条件より、ベクトル・ベクトル=0を2本立てて、連立して解いています。
OHをOAとOBの実数倍で表す問題は頻出ですね。
(アルファベットの上に矢印があると思って見てください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)