2022年 東大国語 第2問(古文)『浜松中納言物語』現代語訳など

はじめに

こちらはぜひ、東大2022年の古文を解いてみた後にご覧ください。

古文の力を伸ばしたい方は、現代語訳を読んで「そうだったんだ」で終わらせるのは止めてくださいね。
せっかく東大過去問を使って読解演習をしているのに、その効果が非常に少なくなってしまいます。

重要なのは、主語の根拠(なぜこの述語の主語はこの人物だと特定できるのか)や
文脈判断の根拠(特に逆接に注意!その他、単語や文法、古文常識から)を突き止めることです。

それらを理解しないと、次に似たような問題が出た際も点数が変わりません。

本文と現代語訳の併記

※訂正:管弦→管絃でした。

現代語訳

隠し難い胸中(=后への思慕の心)を打ち明けてしまいそうになるにつけても、そうはいってもやはりそれ(打ち明けること)はなく、どうしようもなく悲しい折に、皇子も少しお立ち退きあそばすので、「后の前にいる女房たちも、それぞれ何かおしゃべりしているのか」と(思われる)話し声が聞こえてくるのに紛れて、

【中納言の和歌】二度と、(あの夜のことが夢か現実かを)比べる方法もありません。いったいどのようにして見た夜の夢だったのでしょう。

たいそうこっそりとごまかして詠んでいらっしゃる。

【后の和歌】夢としてさえも、(あなたは)どうして思い出しているのでしょう。ひたすら幻のような(はかない)出逢いでは、逢ったことになるのでしょうか。

隠しきれそうにない中納言の御様子を見るつらさに、(后はこの歌を)はっきりと言うのではなく、かすかに紛らわして言って、(御簾の向こうに)するりと入りなさった。普通に人目を気にするのでなければ、引きとめ申し上げるにちがいないけれど、(中納言は)賢明にも差し控える。

内裏から皇子がお出ましあそばして、管絃のご演奏が始まる。(中納言は)どんな音楽の音も何とも感じられない気がするけれども、(この土地は)今夜を限り(に去るのだ)と思うと、気丈に堪えて、(皇子から)琵琶を頂戴なさるのも、現実の気持ちはしない。御簾の中で(后が)琴〔きん〕の琴を(琵琶に)合わせてお弾きになっているのは、未央宮で聞いた音色であるにちがいない。(弾いていた琴を、后は)そのままこの国の別れの贈物に加えなさる。「今となっては(もう帰国しよう)」と無念にも決心してしまったのに、とても親しみ深く仰った(后の声の)御気配、様子が中納言の耳につき、心にしみこんで、ひどく気力も萎え、すっかり正気を失っていらっしゃる。「日本に、母上をはじめ、大将殿の姫君と深い仲になって間もなく別れて来てしまった時のしみじみした悲しみなど、ほかに比べようもあるまいと、自分で決めたことながら、そう感じられたが、もし生きながらえたならば、きっと三年以内に(日本に)帰ろうと思う気持ちで(自分を)慰めたこともあって、心の休まる時はあった。(しかし、)こちらの国は、日本に帰って再び戻って(后に)逢うことができるような国なのか、できるわけがない」と断念するにつけて、あれやこれやと目がとまり、しみじみと感慨が深まるのは当然のことであって、后が、(中納言との)もう一度の出会いについて、かけ離れた関係にありながら、普通に親しみ深く待遇しようとお思いになっているのにつけても、(中納言は、)異様な心労が募りに募ってきて、自分の身や后の御身にとって、(二人の仲が露見してしまうと)様々にごたごたしたことがきっと起りそうな世の憚るべきことを、(后が)思い憚って(自分との再会を)お差し控えになっている判断も、むやみにお恨み申し上げる筋合いもないので、いったいどのようにしたらいいのか、と思って混乱する心の中は、言い表しようもなかったのだった。

「本当に(后が)強いて距離を置き、情愛もなく、冷淡におあしらいになるなら、(どうしたらいいのか、)どうしようもない(と諦めることができる)。(私との間に生まれた)若君の方面〔=存在していること〕から考えても、私のことは、ひたすらに見捨てなさることはないようだ」と、ついそう推し量られる心がときめきはしても、(別離という現実に、中納言は)正気を失ってしまいそうに思い沈んで、暮れゆく秋の別れ(の悲しさが)、やはりとても切実で、心を晴らす方法が無い時節である。御門や東宮をはじめとし申し上げて、(中納言との別れを)惜しみお悲しみあそばす様子は、わが日本を離れた時よりも、少し目立ってまさっている。

参考文献
『新編日本古典文学全集27浜松中納言物語』(小学館)
『日本古典文学大系77篁物語 平中物語 浜松中納言物語』(岩波書店)

古文の学習法&主語把握・記述演習

以下のオープン授業にございます。よろしければご利用ください。
※2022年の解説ではありません。

オープン授業【東大古文 学習法&主語把握・記述演習】(2021年『落窪物語』・2017年『源氏物語』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)