東大の足切りラインを最も正確に予想する方法

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

 1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

センター試験が終了

受験生の皆さん、お疲れさまでした。
センター試験が終わり、ついに東大受験も最終局面に入りつつあります。
次の関心事はいわゆる「足切りライン」。
そこでこの記事では足切りラインについて、最も正確に予想できる方法をご紹介します。

予備校の足切りラインは外れるのが当たり前

センター翌日の昼現在、全国の受験生が学校や予備校に集まって、自己採点をしていることでしょう。そして各社が受験生の自己採点数値を回収しています。
2~3日中に大学合格判定サービスを発表されて、その中に、東大の足切りラインの数値予想が入っています。

しかし、予備校の足切りラインは外れるのが常識
なぜなら、予備校の予想ラインを見て、全国の東大志望生が出願を決めるからです。
例えば、足切り予想が高ければ出願を避ける、低ければチャレンジする、など。

ちなみに、去年の足切りライン予想は、こちらの記事に書いてあります。
センターの足切り予想ラインの各社比較(3年分)

では、予備校の足切りライン予想よりも正確に予想するには、どうしたらよいのでしょうか?

東大の足切りラインを最も正確に予想する方法

では、本題。どうやって、足切りを予想するかです。
それは、東大に届いた願書の数の情報を、毎日チェックする事です。

東京大学は、届いた願書の数を毎日HPに更新してくれます(休日以外)これを見ながら、足切りになりそうかチェックが出来るのです。

具体的に話した方が分かりやすいと思いますので、例えば文Ⅰ。
文Ⅰは定員が400人程度で、倍率が3.0倍です。
つまり、願書が1200通以上届いたら足切りが実行され、点数が良い順に1200人だけが受験資格を与えられるのです。(足切り通過)
1200通を越えなかったら、全員に受験資格があります。(足切りなし)
そして、1200通を大きく超えたら、足切りラインが高くなることが予想出来ます。

この方法のメリットとしては、単なる予想ではなく、東大の発表するデータ、つまり信頼出来るソースから判断が出来る事です。

1次資料としては文句ありません。

デメリットとしては、正確な数値は分からない(と言っても、結果が出てみないと、世界中の誰にも分からないんですが)
そして、締め切りギリギリにならないと、予想出来ないという事でしょう。

こちらのサイトをご覧ください。
去年の入試の際の、願書の届いた数をグラフにしてくれています。(ページの真ん中辺りの、東大出願者数推移)

センターが思うように取れなくて、どこに出願しようか迷っている方もいるかと思います。
どうしても東大を受験したいなら、締め切り直前まで、東大のHPをチェックして、判断すれば足切りに引っかからない可能性の高い科類が分かります。

最近は足切りラインがやや下がっている傾向にありますが、何が起こるか分かりませんので、ご注意を。
昨年も好評だったので、今年も毎日願書の数を集計してアップしていこうと思います。
どうぞお楽しみに。

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

 1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)