2006年 東大数学 文系第2問 理系第2問(樹形図、途中でイレギュラーが起こる)

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

第1弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(上)

第2弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

第3弾:1カ月でセンター試験の英語の得点が50点上がる方法

 

2006年確率の問題の解説

昨日は樹形図が大切だという問題を紹介しましたが、今日も樹形図を駆使する問題です。

 

文系の問題

 

 

理系は

 

今回の設定は文理ともに同じ。

設問は、文系にヒントとなる(2)が挿入されていて、理系にはないというだけの、ほとんどまるごと共通問題みたいな問題です。

「2006年 東大数学 文系第2問 理系第2問(樹形図、途中でイレギュラーが起こる)」の続きを読む…

1999年 東大数学 文系第4問 理系第3問

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

第1弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(上)

第2弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

 

1999年確率の問題の解説

 

昨日まで、対称性、偶奇、漸化式の3つのポイントにバッチリ当てはまる問題をやってきましたが、

今日からは新しいポイントに入ります。

 

1999年の問題です。

 

文系は

 

 

理系は

 

 

 

違いは、理系が確率pで計算させるのに対し、文系はp=1/2と指定されている点のみです。他は全く同じ。

では、この問題の最大のポイントは何でしょう??

「1999年 東大数学 文系第4問 理系第3問」の続きを読む…

2008年 東大数学 文系第2問 理系第2問(対称性、偶奇、確率漸化式)

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

第1弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(上)

第2弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

 

2008年確率の問題の解説

 

今日は2008年の確率です。

 

文系はこちら

 

 

 

理系はこちら

 

文系(2)と理系(1)が同じ。

文系(1)は、文系(2)につながる誘導としての問題が設置。

理系(2)は、カードの数が増えて設定が複雑になった問題です。

 

とは言っても、いつも通り設定はほとんど同じ。理系(2)もそれほど複雑になったわけではなく、少し違う程度でしょう。

「2008年 東大数学 文系第2問 理系第2問(対称性、偶奇、確率漸化式)」の続きを読む…

2004年 東大数学 文系第4問 理系第6問(対称性、偶奇、確率漸化式)

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

第1弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(上)

第2弾:大学入試センター試験に間に合う!1カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

 

2004年確率の問題の解説

 

今日も行きましょう。2004年の確率です。

 

文系はこちら

 

理系はこちら

 

(1)は全く同じ。

(2)は、文理で少し違います。

「2004年 東大数学 文系第4問 理系第6問(対称性、偶奇、確率漸化式)」の続きを読む…

2012年 東大数学 文系第3問 理系第2問

産経新聞社のウェブサイトで、教育コラム配信中!★

今日も行きましょう。2012年の確率です。(文理で全く同じ)

昨日の記事で書いた確率の問題に続いて、図形と確率漸化式の問題です。

昨日は触れませんでしたが、図形と確率の問題が出たら、必ず考えることがあります。

それは何かというと・・・

「2012年 東大数学 文系第3問 理系第2問」の続きを読む…

2000年 東大数学 文系第3問

今日は2000年の東大文系数学第3問です。

いつも通り、問題をどうぞ!

さて、この問題の意図は「練習問題」です。ひねりもないし、複雑さもない。
ただただシンプルな問題です。こんなに簡単な確率漸化式が東大でも出題されてたのか、と目を疑うような問題です。

「2000年 東大数学 文系第3問」の続きを読む…

産経新聞社の大学入試サイトに、コラムが掲載されています!

産経新聞社の大学入試サイトに、コラムが載っています。

ななな、なんと!!!
あの、産経新聞社のウェブサイトに、私のコラムが掲載されています!
12月より、河合塾と提携して、産経新聞社が大学入試のサイトを開始したのですが、その立ち上げのコラムニストに私が選ばれたのです!
下のリンクから見られるようになっています。
1カ月でセンターの得点が200点上がってもおかしくない!
私の持つ暗記法を、コンパクトに使いやすいようにまとめました。
センター試験まで、週1本程度のペースで配信される予定です!
告知もバンバンしますので、どうぞお楽しみにご覧くださいませ~。

脳を休める時間を作ろう!

こんにちは。

この嫁ブログに書きたいネタが溜まっているのですが、時間が無くてなかなか書けません💦
(絵本の紹介とかしていきたいのですが)

やりたいことがいっぱいで、本当は毎日寝ずに勉強したいくらいです。

でも、気分転換になるのでブログを書きます!

というのも、いま、頭を休めることの重要性をひしひしと感じているからです。

なんと、尾てい骨を痛めてしまいました>_<

病院でレントゲンをとってもらいましたが、骨折や打撲ではなく、原因不明でした。
長時間のデスクワークの他、産後の骨盤の緩みや抱っこの負担も影響してそうでした。

9-16時の時短勤務で働いていて、勤務中はかなり集中力を高めて仕事しており、毎日あっという間です。

さらにプライベートでの本居宣長に関する勉強で、この1~2週間は根を詰めて頑張り過ぎてしまいました。。。

整骨院院長をされている石関さんという友人に相談したところ、脳の一部分だけを集中して使い過ぎて、身体が悲鳴を上げているのでしょうとのことでした。

これからは自然の景色を見て、脳を休ませる時間を作ろうと思います。

皆さんも頭を使い過ぎているときは、自然を見てボーッと頭を休める時間を作ると良いですよ☆

ちなみに、屈むのがツライので、娘に「○○取って」とお願いすると、大抵取ってくれます♫
言葉を覚えさせる良い機会になりそうです♡

先日は扉の前でお昼寝しそうになってたので、「ねんねするなら、あっちだよ。布団のあるとこ」と言ったら、移動して寝てくれました。

なんて良い子♡
ますます可愛くなってます(o^^o)

2014年 東大数学 文系第2問 理系第2問

今日は2014年の確率の問題です。(文系第2問、理系第2問)
理系では最後にこの問題が追加されます。
理系の追加問題は、その直前で求めたPnの一般項に対して、シグマを取るだけの問題です。
ようするに正しく計算するだけの問題。(2)まで求められれば「もらい」です。
東大の個数の処理の問題傾向
問題の設定が珍しいですね。

「2014年 東大数学 文系第2問 理系第2問」の続きを読む…

2016年 東大数学 文系第二問 理系第二問

東大の確率の入試解説を毎日連続アップ中!

東大の入試解説の第二弾!

今日は2016年の確率です。では、まずは問題をどうぞ

「問題文が長いということは、ヒントが多いという事だよ。だからむしろ難易度は下がるんだ」
by全国の先生

これ本当?

「2016年 東大数学 文系第二問 理系第二問」の続きを読む…

2017年 東大文系数学 第3問 理系数学 第2問の解説(場合の数・確率・反復試行)

東大の確率の入試解説を連続アップ中!

昨日の告知に続き、まずは2017年 東大文系数学の第3問と、理系第2問です。

まずは、問題を。

文系第3問は・・・

 

 

そんでもって、理系第2問は

 

見比べると分かりますが、文系の(2)と、理系の(1)が同じ問題ですね。

文系では、もっと簡単な・・・というか死ぬほど簡単な(1)が追加されていて、

理系ではちょっと手間がかかる(2)が追加されているという感じ。

まずは、文系の方から片づけてしまいましょう。問題の設定を読んで下さい。

「2017年 東大文系数学 第3問 理系数学 第2問の解説(場合の数・確率・反復試行)」の続きを読む…